二日酔いの対処法!即効頭痛や吐き気を抑えるとっておきの秘策とは?

クリスマスパーティや忘年会、新年会などイベントが多くなる季節になると、二日酔いの苦しい記憶が頭をよぎることはありませんか?

もう二度とお酒なんて飲みたくいないと心に誓ったのに、また飲んでしまって自己嫌悪。

そんなことのないように、二日酔いの対処法を頭に入れておきましょう。

頭痛や吐き気など二日酔いの症状を即効で解消するポイントなど探ってみました。

二日酔いの原因と対処法

二日酔いの原因は、アルコールを分解する時に発生する「アセトアルデヒド」が原因です。

このアセトアルデヒドは毒性があり、これがひどい頭痛を引き起こしたり、ムカムカとした吐き気を起こしたりするのです。

少量のアルコールであれば肝臓でアルコールを分解するスピードも速いのでアセトアルデヒドは発生しにくくなります。

アルコールの量はもちろんですが、肝臓の機能が二日酔いと深くかかわっているのです。

大量のアルコールを短い時間で飲んでしまうと、肝臓の機能をオーバーするのでアセトアルデヒドが発生しやすくなりますし、少しずつでも長い時間かけて飲み続ければ肝臓の機能オーバーになるので二日酔いの恐れも出てきます。

二日酔いを予防するための対処法には、日ごろから肝臓の機能を弱らせるようなことを避けておくことが必要です。

毎日のアルコール習慣は、肝臓には負担が大きくなります。

休肝日を作ることは二日酔いの予防にもつながるのですね。

【スポンサードリンク】

二日酔いの症状を即効解消する方法

二日酔いの症状は、頭痛や吐き気が一番ツラいことです。

とにかく即効で何とかしたい!と思いますね。

まず最初にするべきことは、体内から早くアルコールを追い出すことです。

それには水分を補給することが一番です。

お酒を飲むとトイレが近くなるのは、アルコールの利尿作用によるものです。

お酒で水分を摂っているはずなのに、通常の2倍から4倍ほどの水分を失うこともあります。

体内に残ったアルコールは血液中を流れていますし、二日酔いの頭痛や吐き気を引き起こすアセトアルデヒドも体内に充満しています。

水分で血液中のアルコールを薄めて、水分の循環を早めることでアセトアルデヒドの排出も促すことができます。

水分は冷たいものよりも常温の水か60度くらいの白湯がおすすめです。

冷えた水でスッキリさせたいところでしょうが、二日酔い状態の時は胃の機能も低下しているので冷たい温度は刺激が強すぎます。

【スポンサードリンク】

二日酔いの頭痛と吐き気が強い時

二日酔いの頭痛や吐き気は時間の経過とともにウソのようになくなります。

しかし翌日の午後になっても頭痛や吐き気が残るようなひどい状態の時は、二日酔いの原因になる毒素の排出を高めることで早くラクになれると思います。

そのためには、肝臓の代謝に必要な酵素の働きを助けるアミノ酸が効果があります。

昔からしじみが二日酔いに効くと言われるのは、しじみに含まれるオルニチンというアミノ酸が肝臓の代謝を高める酵素を助けるからなんです。

オルニチンの他にもタウリン、L-システイン、アラニンなどが肝臓の機能を助けて二日酔の頭痛や吐き気の対処法、そして二日酔いの予防に効果があります。

これらのアミノ酸を含んでいるサプリメントは頭痛や吐き気を即効で解消するのに役立ちます。

まとめ

二日酔いになるほどお酒を飲むということは、それだけ楽しいお酒の席であったという結果だから仕方ないと諦めている人もいます。

でも、できれば楽しく飲んだ翌日の苦しみは無い方が良いに決まってますよね。

【スポンサードリンク】

美味しいお酒を楽しく飲めるように、予防法と対処法はお忘れなく。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 5 =