40代独身の平均貯金額!毎月の貯金額はどれくらい?

近年晩婚化が進み、男女とも初婚年齢が30歳を越えました。40代で結婚する人もいますが、そのまま独身を貫く人もかなり多くなってきました。

40代独身の方は平均でどれくらい貯金額があるのでしょうか。又、毎月の貯金額はどれくらいなのでしょうか。

今回は、40代独身のお金事情にスポットを当てていきたいと思います。

「結婚したいけれど、若い女性がいい」と自分の願望を貫く40歳独身男性は、理想が高いあまり結局結婚できないまま50歳代に突入してしまいます。

40歳独身女性の理想も高く「年収500万から700万円の人」で貯金額も気にしますので、自分の理想に合わず、取りあえず働いていて収入もあるから独身でもいいかな?という女性が増えてきました。

【スポンサードリンク】

貯金事情

40代独身の平均貯金額

男性:平均1.153万円。中央値600万円。
女性:平均555万円。しかし35.1%の40代独身女性は貯蓄が0円というアンケート結果も出ています。

40代独身で中央値の600万円は欲しい。

600万円を40歳までに貯めるにはどうしたらいいでしょうか?20代前半から40歳になるまでに約20年間あります。
年間30万円。月々2万5千円貯蓄していけば中央値の600万円貯めることができます。

干物女の貯蓄額

40代独身で取り立てておしゃれをするわけでもなく、自作のお弁当を作って節約をしているという感覚もなく親と一緒に住んでいる女性は男性と比べると3.000万円から5.000万円も貯めています。
本人の「貯蓄をする」という自覚があるかないかでここまで金額は違ってきます。40歳独身女性の三人に一人は貯蓄がありませんから、老後は相当苦労すると思います。

【スポンサードリンク】

独身者の老後

老後の生活を考えますと60歳までに最低でも3.000万円は貯めておきたいものです。そこに年金を加えても贅沢はできません。
独身者の場合、老後病気で老人ホームに入ると考えたら、その3.000万円は頭金だけで安いところで1/10、高いところではすべてなくなってしまいます。
月々かかる諸費用約20万円は年金だけでは捻出できません。
そういったデメリットも考えて、お金はあればあるほどいいということになります。

独身を貫こうと決心した40歳の方々は、老後のことも考えて今から貯金を殖やしていきましょう。

40代既婚者は、ちょうど子供の教育費と家のローンで負債も1.000万円以上抱えています。

【スポンサードリンク】

もし今あなたに負債がなかったら、月給の一割は貯金に回しましょう。そして余ったお金も預金していきましょう。

 

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 9 =