お酒が弱い男の対処法について!これさえしっておけばモテモテ♪

男の人は、なにかというとすぐに飲み会に誘われます。しかしお酒が弱い男の人にとっては苦痛そのものです。しかし断ると「付き合いが悪い」とレッテルを張られてしまいます。お酒が弱い男の人が、宴会でもみんなと楽しく過ごせる方法を調べてみました。

お酒が弱い男の対処法について知りたい方は良かったら参考にしてください。

【スポンサードリンク】

1.お酒が弱い男の人のための対処法
お酒に弱い男の人は、その場を避けるあまりにアルコールに対しての知識がなく、、飲み会に無防備に参加して悪酔いしてしまいます。
まず対処法として、・空腹では飲まない・一気飲みは避ける。このことを念頭に置いておいてください。
①アルコールが最も体内に吸収してしまうのは「空腹時」ですので、飲み会が始まる直前に軽いものを食べておきましょう。

特にたんぱく質を多く含むもの(大豆・肉・チーズ・乳製品・魚介類)または、柑橘系のレモンや梅干しなどのクエン酸やビタミンを多く含むものも肝機能を上げます。
②お酒が弱いのなら一気飲みは避けましょう。

一気飲みは最もお酒に酔う飲み方です。血中アルコールが一気に上がり、肝臓の代謝が追い付かなくなり、全身にアルコールが運ばれてしまいます。お酒の好きな人は最初からガンガン飲みますが、弱い人はスロースタートすることで悪酔いを防ぐことができます。しかしスローペースで飲んでいても、突然強い酔いがやってくることがあります。飲んでいる間は、頻繁に席を立ったり、身体を動かしたりトイレに行くなどして、血行を良くするようにしましょう。

【スポンサードリンク】

③お酒が弱い人はなるべく頻繁に水を飲みましょう。こっそりとソフトドリンクを頼んでおくのもいいでしょう。

そういったものを飲みながら、いかにもお酒を飲んでいるふりをして、酔わないように気を付けていましょう。
④お酒に弱い人は、あたたかいものを一緒に食べましょう

温かいもを食べると代謝が上がります。それによってアルコールの代謝も上がりますので、血中アルコール濃度も下がります。
またアルコールを分解する肝臓や腎臓は非常に冷えに弱い臓器ですので、これらを温めておくためにも温かいものを食べましょう。
➄二日酔い止めに、あらかじめ肝機能を高めるウコンやシジミの入っているサプリメントなどを飲んでおきましょう

これらは飲み会の一時間くらい前に飲んでおくのが効果的です。
⑥お酒に弱い人は、タバコやカフェインの摂取は避けましょう

タバコに含まれるニコチンも肝臓で処理される物質です。肝機能を正常に保つために、たばこを控えてアルコールだけに集中しましょう。

【スポンサードリンク】

2.まとめ
大人の世界では、「お酒」「飲み会」はコミュニケーションツールの一つであり、業種によっては「仕事そのもの」で会ったりするのでなかなか断れません。お酒の好きな人は一緒に飲んでいる人も同じように飲んでほしいものです。逃げ腰になって飲んだふりをするよりも微妙に気付かれてしまいます。様々な知識を身に着けて、お酒と上手に付き合う方法を身につけましょう。
少量のお酒で、上手に飲んで場を盛り上げられれば、あなたも堂々と飲み会や、商談の席でうまく飲んだふりができます。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =