子供の目やには何科?小児科か眼科かどちらがいいのか解説

子供の病気は、内科的な症状でしたら小児科でいいとすぐに判断できますが、目やにがたくさん出ている、鼻水が止まらない、湿疹が出ているなどの内科以外の症状の時には「小児科でいいのかしら?」と悩むことが多いと思います。とくに目やには生後間もない子供だと目も小さくてナイーブな器官ですので、小児に慣れた小児科へ。と思いがちですが果たして正しいのでしょうか?

今回は、子供の目やにが多いときは何科にいったらいいのか調べてみました。小児科か眼科か迷っている方は良かったら参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

1.症状を見極める

きちんと子供の症状を見極めることが必要です。目やにだけなのか、鼻水は出ていないか、熱はないか。そういったことをきちんと調べましょう。なぜなら、生まれたばかりの赤ちゃんでしたら、鼻涙管が未発達な子がいます。そういう子供は目やにが出やすいのです。放っておくと涙のう炎や鼻涙管閉鎖症になります。その場合は迷わず眼科なのですが、発熱があったり鼻水が出ていた場合、風邪の可能性があります。鼻水が鼻涙管を逆流して目やにになっていることがあります。その場合には小児科です。子供の体をくまなく調べて他に症状がないかどうかしっかりと調べてください。

2.電話をしましょう

もし目やにだけでしたら、眼科へ電話をして何歳でどういった症状があるかを伝えて、子供の扱いに慣れている眼科医かどうかを確認してから行きましょう。小児科へ行くと、様々な病気の子供が来ているので、逆に余計な病気を移されてしまう可能性があるからです。
また、小児科は正確には小児内科と言いますので、内科的治療が目的です。目やにくらいなら診てくれる小児科医もいますが、鼻涙管閉鎖症を結膜炎だと誤診する可能性も否定できません。子供に慣れた専門医を探したほうがいいでしょう。万が一子供に慣れていない専門医だと、子供は恐怖で泣き叫びますので、その声にヒステリックになり当たり散らす、医者とも思えない態度を平然とする専門医もいますので気を付けましょう。つまりはあなたの医者を見る目が試されるわけです。電話応対に注意深く耳を傾けて判断しましょう。

【スポンサードリンク】

3.まとめ

【スポンサードリンク】

子供が幼いころから、ママ友などから情報を集めたりして子供に慣れた専門医を探しておきましょう。子供は初めての医者は怖がります。泣き叫ぶ子供でも対応できるゆとりがある専門医を主治医にしておくと後が楽になります。歯医者ですと、慣れない歯医者は子供にネットをかけて動けないようにして治療をしたりします。泣き叫ぶ子供を叩く医者もいます。子供は子供なりにきちんと説明を受ければ納得できるものです。乳児以外は子供の目線で対応してくれる専門医を主治医にしておきましょう。乳児の場合には、電話でしっかりと確認を取るようにしてください。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =