ホールディングスの意味とは?わかりやすくメリット・デメリットを解説!

今多くの会社で【ホールディングス】という名前がつけられています。

みなさんはこのホールディングスについて詳しい意味を知っていますか?

普通に使っているけど意味は知らないという人が意外と多いのではないでしょうか?

今日はこのホールディングスの意味についてわかりやすく説明をしていきたいと思います。

またホールディングスにするメリット、デメリットについても初めて聞く人でも理解しやすいようにわかりやすく説明をしていきます。

【スポンサードリンク】

【ホールディングスの意味とは?】

ホールディングスとは簡単に言うと、【持ち株会社制】のことを意味します。

つまり、元の会社がありそこが、大株主になって傘下にある会社の経営や、管理を行うことを言います。

最近では【セブンアイホールディングス】が有名なところでは無いでしょうか?

大元の会社は、【持ち株会社】になりますので所有する会社の株の配当金が主な収入源になります。

昔の、本社というものがこの大株主で、各部門、各課であるところが、現在の傘下の会社だと言えます。

現代では、各社の分社化が進行し、部や、課が独立して会社になりそれらを管理する会社が必要になったためこのような【ホールディングス】というものが誕生したのでしょう。

【ホールディングス制にするメリットは】

ではあえて会社を分社化し、ホールディングス制にすることでどのようなメリットがあるのかわかりやすく説明していきます。

まず、分社化されたグループ内の各事業の採算が明確になりわかりやすいここに、力を入れるべきだ、ということや、経営についても迅速な決定ができることになります。

また他事業の、買収や合併も容易にできるようになります。

連結決済納税ということが可能になり、その分企業としては節税になります。

持株会社から、傘下企業への意思決定に専念できスピードと迅速化に努められる。

このようなメリットがあると言えます。

【スポンサードリンク】

【ホールディングスにするデメリット】

ではホールディングスにすることは、メリットだけなのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

やはり何事にも一長一短ありますので、デメリットもあるのです。

それは、傘下企業同士の連携が取れにくくなることです。

同じ企業内でしたら、迅速にいくところが、別企業となるとなかなかそういうわけにもいかず、連携や、意思疎通がスムーズにいかないことがあるのです。

労働条件や、待遇などどこに交渉するのかわかりにくい点もあります。

傘下企業の在籍者が、労働条件等の交渉をする場合、大元の会社にいうのか、実際に雇用契約をしている傘下企業にいうのか迷うところです。

【ホールディングスに向いている企業、経営者】

ではどのような企業や経営者がホールディングス制には向いているのでしょうか?

ホールディングス制に向いている会社は大きくなりすぎた会社よりも小さくても一体感があり、まとまりのある会社の方がホールディングス経営に向いていると思います。

なぜなら、小さい会社ほど社長の力に頼る傾向が強く、またその影響も大きいからです。

社長自らホールディングス経営を学び、率先して、傘下会社をコントーロールし、人材を育てていくとより一層会社も大きくなりそれはホールディングスに成功したと言えるのです。

【まとめ】

このようなことからもホールディングスは会社にとって最も重要な頭脳であり、会社全体を動かす中枢であると言っても過言ではありません。

ホールディングス制にすることによって、傘下の運営の効率化を図るこのシステムはうまく使えば大きな成功を収める事ができるのです。

しかし、すべての会社においてホールディングス制が成功をするわけではありません。

それは大元の会社の社長の経営力によるところが大きいので、その制度によって

【スポンサードリンク】

成功をするかどうかは、各企業の采配によるところが大きいと言えるでしょう。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + two =