千切りキャベツの冷凍保存の仕方!方法を知って節約しよう

千切りキャベツの命はシャキシャキ感! その千切りキャベツが冷凍保存できるのです。冷凍保存の仕方を知って、安売りの時に大きなキャベツを買い、冷凍保存の方法を知って食費を節約しましょう。

千切りキャベツの冷凍保存の仕方や方法はいろいろあるようですが、ここでは一番シャキシャキ感が残る冷凍保存法を紹介しましょう。

節約を目指している方は参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

千切りキャベツの冷凍保存の仕方

1.用意するもの
・キャベツ  必要な分だけ
・塩     適宜
・冷凍用保存袋

2.保存方法
①保存したい分だけキャベツを千切り
②ざるに入れて塩を適宜振り、手でもんでカサが約1/3になるまでしんなりとさせる
③しんなりとしたら、水できれいに塩を洗い流して、水気をキッチンペーパなどを使ってしっかりと取る
④冷凍用保存袋に使う分量を入れて、なるべく平らにして真空状態にまで空気を抜く

解凍方法
①すぐ使いたい場合は沸騰したお湯に入れて菜箸でほぐれたらすぐにざるにあげて水気を絞る
②冷蔵庫で自然解凍する
③炒め物やスープにはそのまま使う

注意:いずれの解凍方法ももう一度水気を絞ってから調理する。

【スポンサードリンク】

3.その他の保存方法
①千切りにして1~2分水に放つ
②キッチンペーパーなどで水気をよく取る
③冷凍保存袋に平らにして入れ、空気をよく抜く。

4.賞味期限
2週間程度がいいようです。
生なので短いですが、その分サラダにも使えるというメリットがあります。

このように方法は人によって違うようですが、基本的に冷凍する際、きっちりと保存袋の中の空気を抜いて、平らにして急速冷凍したほうがいいようです。

そのために冷凍庫は最強にしておき、早く凍るようにパットの上に置いたり保冷材を使用する人もいるようです。

他には、15秒ほどさっとゆでてキッチンペーパーなどで水気を絞る。初めにさっとゆでることで比較的シャキシャキ感が残るそうです。

方法はみなさん違いますが、最終段階で水気をきっちりと取る。ということと真空に近い状態まで空気を抜いてジッパーを閉めることは同じ様です。

どの方法でも、千切りキャベツは冷凍できるということは証明済みなので、大量に買ってしまったときには千切りにしたりざく切りにして冷凍にしておくとキャベツを無駄にすることなく使い切ることができ節約につながります。

冷凍千切りキャベツ使ったレシピ

材料(4人分)
・キャベツ 1/2玉分
・しゃぶしゃぶ用豚肉10枚
・小麦粉  適宜
・酒 大3
・醤油 大3
・みりん 大3
・砂糖 小2

冷凍しておいた千切りキャベツ半玉分を使う。(冷凍前ざる約2杯分)
自然解凍してしっかりと水気を絞る。
皿に半分は敷いておく。
ざる半分くらいを肉を広げて、等分したキャベツ(ゴルフボールを一回り大きくしたくらい)を載せて、手前からきつめにくるくる巻く。
小麦粉をはたいて、巻き終わりを下にして多めの油でこんがりと焼く。
調味料を合わせておく。
火か通ったら、キッチンペーパーで余分な油を取っておく。
フライパンの余分な油を取り出す。
肉巻きを戻して調味料を入れて煮詰める。
皿に取り分けて煮汁をかける。

【スポンサードリンク】

キャベツがたくさん食べられるレシピです。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =