みかんの食べ過ぎは太る?便秘解消に効くみかんの豆知識!

こたつにみかんは日本の冬の定番のようなものです。

寒い冬にあったかいこたつに入りながらみかんを食べるのは、ほんとにホッとして和みます。

ついつい食べ過ぎることもあるみかんですが、やっぱり食べ過ぎは太るのでしょうか?

みかんに便秘解消や美肌作用、冷え性予防などなど、女性には気になる効果も色々あると聞きます。

みかんについて、色々解明してみようと思います。

【スポンサードリンク】

みかんでも食べ過ぎれば太る

みかんの甘さは果物の中でもさほど甘くないので、カロリーはそれほど高くないと思っているのではないでしょうか。

みかんにも色んな種類がありますし、大きさや糖度によってカロリーは差がありますので一概には言えませんが、中程度の大きさで平均的な糖度のみかんのカロリーは34kcalです。

ごはんのカロリーは100グラム168Kcalなので、お茶碗一杯のごはんを食べるのと比べれば低カロリーです。

ただし、食事以外のおやつとして、みかんを何個も食べるのはカロリーオーバーになるリスクもあるので、食べ過ぎれば太る危険もゼロではありません。

おやつとして考えれば、3個で100Kcal程度なので満足感もあり、スナック菓子などより全然良いのは間違いありません。

でも食べ過ぎないように、ほどほどの量にしましょう。

みかんの便秘解消効果がすごい!

みかんにはビタミンCが豊富に含まれているので、風邪の予防になるというのは昔からよく言われることです。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けたり、シミの予防にもなるので美肌になれる栄養としてもたっぷり摂りたいですよね。

しかしみかんのパワーはそれだけではありません。

みかんにはペクチンという成分がたっぷり含まれています。

これは水溶性食物繊維の一種で、腸の動きを助ける効果があるんですよ。

そしてみかんの薄皮や白い筋の部分には、水溶性食物繊維だけじゃなく、不溶性食物繊維も両方含んでいます。

不溶性食物繊維は便のかさ増しをして便秘の解消を助けるので、みかんを食べる時は薄皮や白い筋をそのまま食べるのがおすすめです。

【スポンサードリンク】

みかんを食べるタイミングに注意

みかんに含まれる栄養は、女性には嬉しいことが一杯あります。

身の部分以外にも、外皮にはビタミンPと呼ばれるへスぺリジンという成分が血流を改善して冷え性の予防にもなるんだとか。

良いことばかりのみかんのようですが、一つだけ注意することがあります。

みかんは柑橘類ですが、柑橘類にはソラレンという成分が含まれていて、これが紫外線の感受性を高める危険があるのです。

とくに外皮の部分に多く含まれるので、中身だけを食べる場合はあまり心配することがありませんが、美白を気にしている方は、みかんをはじめとする柑橘類は朝よりも夕方以降に食べた方が安心です。

ソラレンは2時間くらいで全身にまわり、それ以降は徐々に消えていくので、外出する予定がある時はちょっと注意しておくと紫外線リスクを軽減することができます。

まとめ

みかんは日本の冬には欠かせない果物です。

美味しく食べて健康や美容に大いに役立てましょう。

ただし、食べ過ぎに程度にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

みかんを美味しく食べてきれいになるポイントでした。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × two =