一人暮らしの電気代の平均と相場!学生も2000円以下を目指して節約しよう♪

一人暮らしの場合、かかる電気代の平均や相場ってどれくらいかご存知でしょうか?

節約の基本は、まずはしっかりと世の中の平均を知ることです。

一人暮らしの電気代は選ぶプランごとで大きく変わります。
電気プランも家で電気を使う時間帯に合わせて最適な料金プランを選びましょう。

一人暮らしの人たちにアンケートを取ると、電気代は最低で1000円。最高では25.000円になります。
平均してみると、ひと月に4.199円使っていることになリます。

一人暮らしの学生にとって電気代が一月にそ4000円以上かかるのは痛手ですよね!
電気代を節約している人とまったく気にしていない人の差が顕著に出ています。

電気料金プラン

プランごとで時間帯当たりの電気の単価が違います。たとえば、日中は不在で、夜に電気を使うことが多い一人暮らしの人は、夜の電気の単価が安く設定されているプランがお得だということです。
電気代は使わないと安くて、使うほど高くなっていきます。
なるべく電気を使わない生活を考えましょう。

【スポンサーリンク】

統計でみる一人暮らしの電気代の平均と相場

2006年には年間34.997円電気代を使っていましたが、2013年には42.369円になっています。7年間で約8.000円上昇していることがわかります。

日本で一人暮らしをする際の電気代の平均金額は年間39.814円。一月当たり3.317円です。

これから一人暮らしをしようという方は参考にして、この金額を目安にして電気を上手に使ってください。

どうすれば電気代を節約できる?

生活スタイルに合わせて、上手に電気料金プランを選んでいきましょう。
どういう生活スタイルがあるでしょうか?

日中家にはおらず、夜電気をたくさん使う人。
日中在宅していて夜仕事などで不在の人。
家にいる時間帯がいつもバラバラな人。

生活スタイルが違ってくると、最適な料金プランも違ってきます。
どのプランを選んでも、家にいると電気を使ってしまいます。必要最低限の電気を使って、図書館やショッピングセンターなどで時間を過ごすとより安くすることができます。

また、引っ越しがいいチャンスとなります。引っ越すときに自分の電気の使い方と最適な料金プランを見直しましょう。

【スポンサーリンク】

実際にどう節約していくか?

日中は仕事や学校などで家にいない人のことを考えてみましょう。
主に電気を使うのは夜ということになります。
電力会社によっても違うのですが、
デイタイム 9~17
@ホームタイム 7~9.17~23
ナイトタイム 23~7
中部電力の場合はこの三段階でプランを設定しています。

日中仕事をしている人などは、@ホームタイププランなどはお勧めかと思います。

電気代をもっと節約したい!

という人はナイトタイムがおすすめでしょう。
23時を過ぎたら、ノートパソコンや携帯電話・タブレットの充電をしておきましょう。
洗濯はタイマーを使って、夜中に洗濯をしてしまうようにすれば、かなり電気代は安くなります。
日中いない時にはコンセントを抜いて出かける。そんな些細なことでも電気代は節約できるのです。

電気は今の世の中絶対に必要なものです。しかし3.11の後、原子炉の停止により電気代は上がり続けています。化石燃料に頼るしかない今、節約して電気料金を節約することは必要不可欠なことだと思います。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事

1 個のコメント

  • 北澤篤史(きたざわあつし)が思う最強の光熱費節約術まとめ! | 北澤篤史の幸せ節約生活 より:

    […] 一人暮らしの電気代の平均と相場!学生も2000円以下を目指して節約しよう… […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    2 × four =