郵便局で収入印紙の購入マニュアル【土日・休日・時間外や夜間窓口】は対応しているの?

収入印紙を購入する時に、平日郵便局の開いている時間に行けない時には、時間外で購入出来るのか、また土日・休日に急に収入印紙が必要になった場合の購入方法についてお話をしようと思います。

郵便局には夜間窓口や、24時間対応している大きな郵便局もあります。

もし、時間外で収入印紙を購入する場合は、このような夜間窓口を設置している郵便局を利用するとよいでしょう。

また休日に収入印紙が必要になった場合は、土日・休日でもやっている大きな郵便窓口にいかなくてはいけません。

(対応している郵便局が最寄りにあるか、郵便局のホームページで確認できます)

【スポンサードリンク】

【郵便局で収入印紙を購入する方法】

では、郵便局で収入印紙を購入するマニュアルをお伝えします。

収入印紙を購入するのは特別難しい手続き等はなく、郵便局で切手や、はがきを買うのと同じように、収入印紙の額面の金額を窓口で支払い、印紙を受け取ります。

これだけです。

あまり使い慣れていない人は、収入印紙を購入する為にはどこに買いに行けばいいのか、手続きはどのような事をするのか不安な人もいるかもしれません。

でも実は収入印紙を購入するのはとても簡単なのです。

これで、もし仕事で収入印紙の購入を頼まれても大丈夫です。

(郵便局で貰う、領収証は経理上必要になりますので、ポイっと捨てずに必ず持ち帰りましょう。)

【スポンサードリンク】

【土日・休日・夜間はどうすればいいの?】

では、窓口が開いている時間に行けない場合はどうしたらいいのでしょうか?

平日仕事をしている人はほとんどの方が、窓口が開いている時間に収入印紙を購入しに行くことはできないでしょう。

このような時は、時間外や、夜間でも開いている郵便局または、「ゆうゆう窓口」と呼ばれる所で購入するとよいでしょう。

「ゆうゆう窓口」は全国にありますから、場所がわからない場合は郵便局のホームページから検索をすると簡単に出てきます。

しかし、その規模によっては19時以降になると高額な収入印紙は置いていなかったり、数にも限りがある場合がありますので、気を付けてください。

200円の収入印紙は一番よく使われる物で、ほとんどの所でありますが、高額の収入印紙は置いていなかったり数に限りがあったりするので、事前に確認すると確実でしょう。

【ゆうゆう窓口とは】

では、先に説明しました【ゆうゆう窓口】という言葉、聞きなれない方もいるかもしれませんので、少し説明します。

ゆうゆう窓口とは、土日・祝日・夜間でも郵便物の引き渡しや、切手や・葉書・収入印紙などの販売業務を行っている所です。

平日の昼間は忙しくてこのようなサービスを受ける事が出来ない方にとって、とても助かる、郵便局の時間外窓口といった感じですね。

中には24時間対応している所もありますので、(対応していない所もある)時間や、曜日を問わずこのようなサービスを受けられますので、忙しい現代社会にはなくてはならないものだと言えるでしょう。

しかしどこの郵便局にもあるわけではありません。

ゆうゆう窓口があるのは、郵便事業会社の支店に限られている為、数は非常に少ないのです。

【まとめ】

夜間、休日でも利用する事ができる郵便局が自宅の近くにあるかどうか調べておくと、いつでも郵便物を出したり、受け取ったり、はがき、切手、収入印紙などを購入する事ができるので便利です。

収入印紙は、200円から高額の物までありますので、高額の物が必要な場合は事前に郵便局へ連絡をして枚数を確認して窓口に購入しにいく方がいいでしょう。

ゆうゆう窓口と、郵便局の窓口をうまく使い分けて生活する事でより快適で便利な生活ができるようになると思います。

【スポンサードリンク】

ぜひ、それぞれの特徴を生かしながら、自分のライフスタイルに合わせて利用する事をお勧めします。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + sixteen =