一人暮らしの光熱費の平均!学生も含めて節約をしよう

皆さんは一人暮らしの光熱費の平均はご存知でしょうか?

私は、学生の頃一人暮らしをしていた際はものすごく貧乏生活をしていました。

光熱費の平均を知ることによって初めて節約というのができるのです。一人暮らしの学生さんもこれを機会に節約を勉強してみて下さい。

光熱費は縦に長い日本では北と南では5千円は違うようです。北海道では半年以上暖房機器が必要です。

ですので平均で1万5千円はかかります。沖縄や都心などでは平均1万円くらいが相場のようです。

光熱費は食費の次にに節約しようと思う経費ではないでしょうか?

「ちょっとガマンすれば」光熱費は節約できるのです。

【スポンサードリンク】

ピークシフト電灯

電気代は時間帯によって違います。

夏季(7月~9月)13時から16時までの間は、電気使用量のピーク時になりますので料金単価を高額に設定してあります。

ピーク時の電気料金と深夜料金では40円ほど違うところもありますので気を付けましょう。

ですので、この時間帯に電気を使わない方法として、パソコンはあらかじめ充電しておく。涼しい図書館などへ行く。など外出をして節電しましょう。学生の方などは取り組みやすい節電方法です。

光熱費を徹底的に調べる

自分が住んでいる地方の電力会社の電気使用料金を徹底的に知らべて、一番安い時間帯に電気を使用しましょう。例えば深夜が一番安かったら、洗濯機をタイマーセットして深夜に洗濯をする。ピーク時前に充電できるものはしておく。

ガスはプロパンガスより都市ガスのほうが安いので、一人暮らしを始める時には都市ガスがかどうかを調べておいた方がよいでしょう。

【スポンサードリンク】

ちょっと我慢しよう

光熱費はちょっと我慢すれば節約できます。「寒いな」と思ったら湯たんぽを活用してちょっと我慢しましょう。お風呂は基本的にはシャワーのほうがずっと安上がりです。ただし、健康のためには湯船につかったほうがいいので、何曜日には湯船に入りのこり湯で洗濯をする。と決めておいたらいいと思います。

手料理も方法を変えよう

コンロは通常二口ありますが、一口だけで調理をしましょう。なぜなら一品作った後の余熱で次に使うなべやフライパンが温まるのでガス代の節約になります。そして調理時間も知りましょう。
光熱費は使おうと思えばいくらでも使えますが、節約しようと思えばある程度節約できます。

味噌汁は具材にもよりますが、煮え易いものなら7分以上ガスは使わなくてもできます。煮物もゴボウなどの固いものがなければ12分でできます。そういう時間を知っておけば、余計なガス代を使わずに済みます。

光熱費をどんどんと節約していこう

ガス代
電子レンジで下茹でしておく。
圧力鍋を使って時間短縮。
コンロは一口だけ使う。
洗い物はため洗いをするとガス代を節約できます。また油で汚れたフ イフライパンなどは、新聞紙であらかじめ拭き取っておきましょう。
新聞紙が嫌だったら「ウエス」という、要らなくなった洋服などを15cm角に切って貯めておいたものでふき取りましょう。

ガス代の裏ワザ紹介!
通常給湯器の温度は50度に設定してあります。しかしそれを「自分は43度以上のお湯は使わない」と思ったら最高温度を43度に設定してしまうのです。そうしたらいくらひねっても43度以上のお湯は出てきません。余計なガス代と水道代を使わずに済みます。

電気代
照明は白熱灯からLEDに変えましょう。
電力会社によって違うピークシフトを知ることや、自分の生活スタイルに合ったプランを選びましょう。

暖房費
フローリングにはカーペットを敷き、窓には分厚いカーテンをしましょう。

平均を下回っていいものってあまりないですが、家計に関しては平均を下回ったものの勝ちです。

【スポンサードリンク】

節約してためたお金で、時々頑張った自分にご褒美をあげましょう。

合わせて読みたい記事


関連記事

ページ上部へ戻る