ウォーキングの効果はいつから?時間は30分で効果があるのか徹底解説

ランニングより軽い運動がジョギング。

ジョギングよりも簡単に直ぐ始められるのがウォーキングです。

ジョギングより軽い運動のウォーキングには果たして効果があるのでしょうか?

効果はいつから現れるのでしょうか?

30分のウォーキングでいつからどのくらいの効果があるのか調べてみましょう。

1.ウォーキングの効果
ただ歩いているだけと思いがちですが、ウォーキングは有酸素運動であり、ルールさえしっかりと把握しておけばきちんと効果は表れます。

ストレスの解消・肥満防止・生活習慣病の予防・脳の活性化・心肺機能の向上・筋力の低下防止。こんなにもあるのです。

歩くだけですので、お年を召した方も、仕事で忙しい社会人も学生も誰でもが簡単に実践することができます。

30分のお買いものウォーキングで35~50キロカロリー消費されます。通勤・通学ウォーキングで50~75キロカロリーの消費です。

ジョギングは無理のない速度で走ることですが、ウォーキングは必ず片足は地面についている運動です。

【スポンサードリンク】

2.早朝ウォーキングの効果

ウォーキングは早朝がよいと一般的には言われています。体内時計がリセットされ、健康維持・精神的効果も高いと言われています。

自律神経を整え、汗をかき体温の調節機能が高まり血流がアップします。

早朝ウォーキングは体内時計がリセットされ、コンディションを整えます。またダイエット効果もあるとされています。

3.早朝ウォーキングの仕方

ウォーキング専用の運動靴を用意しましょう。

10分間のストレッチをします。鼻から息を吸って口から吐くときに腱や関節・筋肉を伸ばします。

姿勢は背筋とのばして、かかとから着地してつま先で地面をけり上げるようにします。

歩幅は普段の歩行より広く取り大きく腕を振り速足で歩きます。

効果的速度は多少息が上がるくらいです。

【スポンサードリンク】

4.目安は一日30分

毎日ウォーキングをするならば、一日30分で十分です。何故なら20分以上で脂肪燃焼が始まるからです。

そうは言ってもできない時もあるでしょう。しかし3日は明けないように注意しましょう。

重要なのは期間です。3か月は続けるようにしましょう。ダイエット効果も出てくる期間です。

5.よりうれしい効果

ホルモン分泌のアップで、肌と髪の毛がつやつやしてきます。肌荒れ・小じわ・くすみなどを防ぐバリア機能がアップします。

頭の回転も速くなり記憶力が増します。歩くと脳は、その隅々まで血流と酸素を行き渡らせます。頭が冴えた状態になります。

ストレスを解消する免疫力もアップします。ストレスに対抗する免疫力を引き上げますのでしんしんともにストレスに強くなります。

6.さらにうれしいダイエット効果

朝ウォーキングダイエットは毎日最低20分は歩きましょう。朝ウォーキングは代謝アップ効果が大きいので、体重を落としたい人にはお勧めです。

注意点

朝起きたらすぐに宇賀宇井と歯磨きをして口中の雑菌を取りコッピ一杯から二杯の水を飲みます。これをすることで、血液の流れをよくします。

携帯ボトルに少量の水を入れて持ちましょう。

ウォーキングの前には、少量の消化の良い食べ物、バナナ・ヨーグルト・スポーツドリンクなどの糖質(果糖類がよい)補給しましょう。

その日の体調に合わせて距離は調整しましょう。

継続が命です。ただ30分歩くだけでダイエットできるかもしれません。

まとめ

ウォーキングは継続しましょう。

人駅前で降りて歩く。遠回りして買い物へ行く。

30分で十分脂肪燃焼ができます。

【スポンサードリンク】

さらに追及するのであれば、時間よりも距離が重要です。2~3キロは歩きましょう。ダイエットするなら6キロを目安に歩きましょう。

合わせて読みたい記事


関連記事

ページ上部へ戻る